帳破り

10月15日は帳破りです。

帳破りでは、世話人をはじめ、六人衆、組頭、青年団で後片付けをします。

(帳破りは祭りでの支払いを精算して帳簿を破ることからきているようです)

 

ヤッサ(屋台)作業用のグレーチングをセットします。

 

ヤッサ(屋台)作業用のグレーチングをセットします。

 

市松をめくります。

 

金綱電気をはずしていきます。

 

金綱電気をはずします。

 

金綱をばらしていきます。

 

金綱まわりの電気をはずしていきます

 

それぞれの作業をすすめています。

 

金綱電気をはずすのは結構大変です。

 

金綱を緩めていきます。

 

房をはずしていきます。

 

金綱電気。。。

 

金綱と市松をはずしました。

 

籠は結構重いです。

 

飾り付けも取り外しが終わりました。

 

提灯、金綱、水引幕、伊達綱、高欄、狭間、飾り紐。

 

組織表や宮入順をはずしていきます。

 

高い場所での作業なので注意が必要です。

 

結構、高い作業です。

 

カンのゆるみをチェック。

 

北之町の水引幕は、「平清盛と安芸の宮島」です。

 

布団生地をはずします。

 

梵天をはずします。

 

梵天をはずします。

 

布団生地をはずします。

 

布団の電気をはずします。

 

北之町の高欄掛箱には、安政3年(1856年)と墨書されております。

163年前には、既に北之町のヤッサ(屋台)があった最も古い記録です。

 

ヤッサ(屋台)作業と屋台蔵まわりの清掃後、自治会館でお昼をいただきました。

 

 

今年も多くの御花をいただきありがとうございます。

世話人、六人衆、組頭、青年団、婦人部、子供会、そして自治会、北之町のみなさん、今年も良いお祭りができました。毎年ご協力いただきありがとうございます。

本年は台風による影響に冷や冷やしましたが、両日とも天候が乱れることなく祭りができました。

臼井清書元三年目の年が終わり、いよいよ来年は臼井清書元最終年です。神事もあり準備や当日も大変だと思いますが、来年もよろしくお願い申し上げます。

お疲れ様でした。