帳破り

10月15日は帳破りです。

帳破りでは、世話人をはじめ、六人衆、組頭、青年団で後片付けをします。

(帳破りは祭りでの支払いを精算して帳簿を破ることからきているようです)

二日間の祭りを終えたやっさ(屋台)の飾り付けをばらしていきます。

 

飾り付けをはずしていきます。

 

高欄掛けをはずします。

 

提灯の飾り紐をはずします。

 

提灯をはずします。

 

伊達綱の飾り紐をはずします。

 

水引幕と伊達綱の絞り上げを解いていきます。

 

伊達綱をはずしていきます。

 

水引幕をはずしていきます。

 

水引幕をはずしていきます。

 

金綱まわりをばらしていきます。

 

梵天の電気をはずしていきます。

 

布団屋根の電気をはずしていきます。

 

金綱の電気をはずしていきます。

 

金綱の電気をはずていきます。

 

組頭が練場から据え台を持って帰りました。

 

続いてサポートを降ろします。

 

世話人が屋台蔵の投光器をはずします。

 

電柱に設置した投光器をはずします。

 

高欄掛け、水引幕、伊達綱、提灯をはずしました。

 

ブロアで掃除していきます。

 

雨の為、蔵の中で並べます。

 

はずした固定バンドを巻いていきます。

 

布団屋根中作業。

 

梵天の配線をはずしていきます。

 

布団屋根中作業。

 

金綱を緩めていきます。

 

金綱をはずしていきます。

 

天幕をはずします。

 

ブロアで水切りや垂木を掃除します。

 

天幕をたたみます。

 

大量の電気コードになるので、それぞれの箇所ごとにまとめていきます。

 

梵天をはずします。

 

提灯を片付けていきます。

 

世話人、六人衆と分けていきます。

 

屋台蔵の笹や竹割関連を世話人が片付けます。

 

ゴミも多くでます。

 

屋台蔵の掲示物をはずしていきます。

 

世話人がのぼりをはずしていきます。

 

使用した器具や道具を倉庫へ。

 

太鼓をはずす準備をします。

 

やっさ(屋台)を吊り上げて、太鼓をはずします。

 

お世話になっている太鼓業者さんが引取にきてくれます。

 

本棒、脇棒、閂にカバーをつけていきます。

 

飾り付けをはずし今年の作業が終わりました。

 

例年、世話人、六人衆、組頭は自治会館で食事ですが、六人衆は今年お店にて食事をいただきました。

 

今年も多くの御花をいただきありがとうございました。

 

 

世話人、六人衆、組頭、青年団、婦人部、子供会、そして自治会、北之町のみなさん、今年も良いお祭りができました。毎年ご協力いただきありがとうございます。

今年は臼井清書元新体制のスタート年。役員やメンバーが変わり屋台部自体がベースつくりの年に、昨年の一ツ物神事に続き、行事神事当番となりました。新体制初年度にも拘らず、北之町屋台部約200名の力を中心に心配されていた天気も大きく崩れることなく、無事二日間の例大祭を終えることでができました。来年もよろしくお願い申し上げます。

お疲れ様でした。